TOP» 対策別お悩み解決TOP» 地震対策編

対策別お悩み解決 地震対策編

屋根の重さが安全の差に

重たい瓦屋根

地震直後の様子

地震発生時は、特に瓦屋根の重みによる被害が多く発生しています。(土瓦の重さは、一般住宅の場合4,000kg)

地震の際に建物の"揺れが大きくなる""倒壊""土瓦落下"の危険性があります。

さらに土瓦の重さにより家がゆがみ、引き戸などの建て付けが悪くなります。

屋根の違いによる建物にかかる負担 屋根の違いによる建物にかかる負担
屋根の違いによる建物にかかる負担

実際に屋根にかかる負担は土瓦と金属屋根で
およそ10倍違います。
それはまるで4tトラックと大型バイク
が乗っているとイメージするとその違いは明らかです。

全然違うゾゥ!

そこでカナメがオススメするのが、和風金属瓦カナメルーフです。瓦の雰囲気はそのままに、地震に強く軽量化した金属瓦です。では、通常の屋根とカナメルーフの、地震の揺れによって建物にかかる負担を比較してみましょう。

このように建物にかかる負担は重い瓦屋根の方が多きく、揺れも大きくなります。

カナメの金属瓦なら、土瓦に比べて重さが10分の1と軽量!
だから負担が少ない!瓦の雰囲気も活かせる!

瓦のズレ・漆喰のはがれ

瓦のズレ、漆喰のはがれ
そのまま放置しておくと

地震時には落下の危険性も!固定が甘くなり、ズレやはがれから雨水が侵入!

これらを防ぐには定期的に瓦のメンテナンスが必要です。
しかし、カナメルーフならメンテナンス不要上下2点で垂木(木材)にしっかり固定するので

ズレや落下の心配がありません!

イメージイラスト

見た目の美しさもカナメルーフは瓦のズレ・漆喰のはがれの心配が無いので、
長きにわたりキレイな屋根を保つ事ができます。

外観

カナメの金属瓦は2点でしっかり固定!
地震の揺れでもズレや落下の心配がなく、メンテナンスも不要!

地震対策には、カナメの金属屋根がオススメ

オススメの記事

もっと見る