HOME » お客さまの声TOP » 入母屋をそのままに安心な毎日を手に入れました
  • お客さまの声
  • 施工写真

お客様の声

栃木県芳賀郡 W様入母屋をそのままに安心な毎日を手に入れました
リフォーム内容瓦屋根から金属瓦屋根にリフォーム
  • 施工後

リフォームの理由

社寺の構えを思わせるような風格のある外観のW様邸は
築36年で、ご主人のおじいさんが建てた家だそうです。

「祖父も私も入母屋造りが好きで費用がかかるのはかわっていたけど、どうしてもその形を取り入れたかったんですよね」とご主人。

そんなお気に入りの屋根が東日本大震災で棟の瓦が落下し、
瓦もずいぶんずれてしまったそうです。
震災の前から屋根の瓦の重さは気になっており、
家の中の長押が下がってしまい、襖を外すのにも手こずることもありました。

「とにかく対処せねば」と、
カナメにお問い合せ頂きました。

お客様からのご要望

当初はいままでの三州瓦のいぶし銀が気に入っていたので、
修理ですめばとおもいましたが、屋根を点検してみると雨漏りがみつかり、瓦のズレもあったため、修理ではなく金属屋根にリフォームすることにしました。
一番心配だったのは、いままでの瓦の意匠を引き継げるかどうか。
実際に施工例を見学させてもらい、自分の目で確かめて意匠性も納得できたので、金属瓦のカナメルーフに決めました。

施工前の瓦 震災でズレにより雨漏りが発生

お客様より

意匠性はもちろん、棟に家紋まで入っていたのには驚きました。 またなによりも今までの屋根より重量が10分の1になったという事で、 今後の地震でも一安心です。 祖父が建ててくれた家なのでまだまだこれからも大切にしていきたいと思います。

担当営業より

宇都宮営業所

カナメもお客様の地震からの不安を取り除くことができ、
また大切な家を長く持たせるお手伝いが出来た事が
とても嬉しいです。

これからも末永くよろしくお願いします。

オススメの記事

もっと見る