強風と戦う屋根


強風の際、家の構造上最も被害を受けるのが屋根です。
軒先やケラバや棟など端部が最も負担が大きい部分になります。
古いトタン屋根など劣化して強度がない屋根は

強風時に剥がれて飛散する可能性があります。

 

飛散すると、金属の板ですので、

人や物を傷付ける可能性があり危険です!

だからこそ、風に対して強い金属屋根を選択することは

とても大切な事なのです。

 

縦葺き金属屋根の場合

 

強風に強い金属屋根

古いトタン屋根だと、強度が弱い物が多いのです。

よく台風などで屋根材が剥がれてしまったというニュースを見ることがあると思います。

人通りの多い住宅地など

「もし屋根が飛んでしまったら大変!」と心配になっていまいますね。

 

屋根材をしっかり固定する為には、吊り子という固定する部材が使われます。

この強度によって屋根の強さが決まります。
カナメの金属屋根は力に屋根材が耐えられるか荷重の試験をしていますので、

確実な固定強度があります。

 

屋根材が傷んでいる方、固定強度が心配な方は早めに

点検しておいたほうが良いと思います。

 

瓦屋根の場合

通常瓦は屋根の下地に釘を打って固定します。

瓦一枚につき、固定するのは上部の1ヶ所。

大きな地震で瓦がずれて落下してしまったり、

強風でずれたりして雨漏りの原因になる事もあります。

 

その為、瓦屋根の場合は定期的にしっかり固定されているか

漆喰がボロボロになっていないか、確認する必要があります。

 

カナメの金属屋根は上下の2ヶ所を固定します。

強風や地震でもがっちり固定していますので、

ズレや瓦落下の心配はありません。漆喰も使いませんので

定期的なメンテナンスも不要になります。

 

屋根の固定

カナメの金属屋根は横葺き・縦葺き・金属瓦など

様々な製品で強風に耐えられるか試験する

耐風圧テストを行っております。

屋根の専門家として、製品の品質・安全面も考慮しておりますので、

ご安心頂けます。

 

 

 

屋根の飛散は自分だけの問題ではなく、

周りを巻き込んでしまう問題ですので、

しっかり対策を行いましょう。

 

耐風圧テスト