屋根のお悩み解決、瓦屋根編

瓦の特徴を教えて

粘土を使った焼きものの屋根材です。

GOOD耐久性に優れており、伝統的な美観性が 多くの人に親しまれています。
BAD他の屋根材に比べて屋根の重量が重く、耐震性能に心配有。

屋根イメージ

土瓦の重さ

リフォームサイン

地震で土瓦が崩れ落下してしまっています。

屋根の違いによる建物にかかる負担

土瓦の重さは、
一般住宅の場合約4,000kg

こんなに重いと

地震の際に建物の
"揺れが大きくなる"&
倒壊や土瓦落下の危険性
も!

さらに土瓦の重さにより家がゆがみ、引き戸などの建て付けが悪くなります。

"カナメの金属瓦"なら土瓦に比べて重さ10分の1! 軽い屋根なら建物への負担も軽い!

土瓦のズレ・破損・漆喰のはがれ

土瓦屋根の多くは固定箇所が上部の1点で留めているなどしっかり固定されていません。

土瓦屋根を固定する際、使用されるのが漆喰(しっくい)。

"漆喰のはがれ"から固定が甘くなり
"土瓦のズレ"地震の際の落下に繋がり危険!

"カナメの金属屋根"なら2点でしっかり固定する為、 地震の揺れでもズレや落下の心配がありません。

2点でしっかり固定

このように表面がボロボロになったり割れている場合は、粘土瓦ではなく、スレートを瓦形状にしたスレート瓦です。こちらの方はスレートの内容をご覧下さい。

瓦型スレート屋根材

瓦型スレート屋根材

スレート屋根のお悩みには、メンテナンスフリーのカナメリフォームがオススメ!

オススメの記事

もっと見る