TOP» 屋根材別お悩み解決TOP» スレート編

屋根のお悩み解決、スレート編

塗装から葺き替えの切り替え時は?

スレートってどんな屋根?

スレート(コロニアル)・瓦型スレート屋根は多くの住宅に使われている屋根材です

GOODスレート(コロニアル)・瓦型スレートは現代的なイメージ・低コストの屋根材。 新築の屋根に多く採用されている屋根材です。
BAD10年を経過すると急速に劣化するため、アスベスト飛散の可能性があり、耐久性が心配。

屋根イメージ

色あせ・塗装のはがれ

リフォームサイン

スレート屋根(コロニアル)・瓦型スレート屋根は、"数年で色あせ"など美観が損なわれ、約10年ごとに定期的な塗装が必要になります!

気になる塗装と屋根の葺き替えどっちがお得?

メリット ・1回の工事費用が安いので気軽にできる
・工事期間が短い
・色も気軽に変えて楽しめる
デメリット ・色あせするので、定期的な塗装が必要
・メンテナンスしないと損傷部分から雨漏りの可能性も
・長期的にみると、数回塗装するので費用がかかる
メリット ・1度葺き替えれば、その後の手間も費用もかからない
・色あせせず、雨漏りの心配もない
・塗膜保証最長20年
デメリット ・1回の工事費で比べると塗装より高い
・工事期間が塗装より長い

カナメではお客様の屋根の状況に合わせて、軽度の傷みや色あせのみであれば、気軽に出来る塗装をご提案。劣化が激しい場合や雨漏りの懸念がある場合は葺き替えをお勧め致します。ただ、塗装は一時的なメンテナンスにすぎませんので、長い目でみて、屋根の葺き替えに比べ、コスト高になる場合があります。

先のメンテナンスまで考慮して、塗装や葺き替えを計画的に実施することで、長期的なコストを最低限に抑えることができます。

屋根を撤去せずに重ねる「屋根カバー工法」

定期的な塗装よりも"金属屋根の葺き替え"高耐久! 再塗装なしで長期的に見るとコスト的にもお得に!

ヒビ・破損

屋根材の劣化が進行すると
"ヒビ・破損"が発生します。

隙間から
雨水が浸入
し、
じわじわ屋根裏を浸食!

天井への雨漏りに

天井に雨漏りの症状が見られる頃には
屋根裏は雨が広がり、腐食してしまうケースもあります。

家の中でも、こんなサインにはご注意を!

家の中でも、こんなサインにはご注意を!

屋根の劣化が見られた段階での"早期補修&リフォーム"が 被害を最少にする最善の方法です。

アスベスト

アスベストイメージ

気になるスレート屋根(コロニアル)に含まれるアスベスト

古いスレート屋根(コロニアル)にはアスベスト(繊維状鉱物)が含まれており、劣化や撤去時に飛散するアスベスト粉塵が肺ガンなど健康被害をおよぼす危険性があるとして社会問題になっています。

そんな時は…アスベストを閉じ込める"屋根カバー工法"がおすすめ!

カナメのこだわり

屋根をリフォームすることはもちろんですが、 撤去時に多くのアスベストが飛散するため、撤去せずに封じ込め、 その上からリフォームする"カバー工法"がおすすめです。

スレート屋根(コロニアル)のお悩みには、メンテナンスフリーのカナメリフォームがオススメ!

オススメの記事

もっと見る