• Home
  • » ブログ » 台風発生件数と屋根・雨樋の備え

台風発生件数と屋根・雨樋の備え


2016年は台風の影響を感じた年でした。

000

2016年11月現在、今年の台風上陸件数は6件。

昨年と一昨年は4件、2013年・2012年は2件と2004年の10件を境に

比較的に落ち着いていたのですが、例年と比較すると多いですね。

上陸した月で見てみると、8月に4件、9月に2件。

年々、巨大化し勢力を増しているようにも思えます。

 

台風で気をつけたいのは物の飛散や雨漏りへの対策。

特にトタン屋根が剥がれたり、飛ばされたりという映像はよく目にすると思います。

 

【トタン屋根の場合】 

屋根が新しい状態であれば、問題ないのですが

経年劣化していたり、板金・釘が浮いていると

屋根の下地とトタン屋根の固定が弱くなり、

強風に耐えられず剥がれてしまうこともあります。

 

風でトタン屋根が剥がれてしまった様子。このまま雨が降ったら大変!

風でトタン屋根が剥がれてしまった様子。このまま雨が降ったら大変!

 

【瓦屋根の場合】

瓦屋根なら重さもあるし、飛ばされる心配はない…という油断は禁物です。

やはり気が付かないうちに劣化している可能性もあります。

瓦をつないでいる漆喰が剥がれていたり、

瓦が割れたりしていると、そこから屋根下地に直接水が入り込んでしまい、

軟弱になったり雨漏りしてしまう危険があります。

004

漆喰が剥がれ落ちたり、瓦が割れている状態。ここから雨水が浸入してしまいます。

 

 

【雨樋の場合】

雨樋は、特に落ち葉の季節も気をつけなければいけませんが、

知らず知らずに葉っぱやゴミが飛散して溜まってしまっている

場合もあります。

 

003

知らず知らずのうちに雨樋に溜まった落ち葉やゴミ、砂。これが雨の下へ流す障害となります。

 

 

そうすると、雨が流れる道がふさがれてしまい

雨樋から雨が溢れてしまうなんてこともあります。

雨樋の破損、周辺部位(軒先・軒天)の腐食にも繋がります。

 

 

軒天、雨樋の接合部が傷んでしまっています。

軒天、雨樋の接合部が傷んでしまっています。

 

 

屋根の上は普段見えない場所だから、「そのうち直せば良い」では

被害が出てしまいます。

 

自然災害はいつ起こるかわからないもの。

気が付いた時にすぐ対処しましょう。

専門家に相談すれば、部分的な補修で済むか、全面的に修理・葺き替えが必要か

しっかり判断致します!

早めの対策、被害ゼロへ!!


オススメの記事

もっと見る