• Home
  • » ブログ » 冬場の大敵、「ヒートショック」対策

冬場の大敵、「ヒートショック」対策


最近よく「ヒートショック」という言葉を耳にしませんか?

家の中の急激な温度変化により血圧が大きく変動することで、

失神や心筋梗塞、脳梗塞などの健康被害を引き起こすことです。

ヒートショックの典型的な例には、入浴時の急激な血圧低下により失神して、

浴槽でおぼれて死亡するケース。

2011年には約1万7,000人もの方がヒートショック関連の事故で入浴中に急死したそうです。

その数はなんと交通事故による死亡者数4,611人を大きく上回ります

heat_shock_roujin

 

特に寒い季節は注意が必要です。

お風呂で体を温めても冷え切った脱衣所に戻ると一気に寒くなります。

体の中では血管が収縮し、血圧が上昇します。

高血圧の方や高齢者にとっては体への負担が大きく、

脳卒中や心筋梗塞の誘因となってしまいます。

 

heatshock

 

 

【交通事故死亡者より多いヒートショックでの死亡】

ヒートショックが起こりやすい場所としては温度差が激しいお風呂・脱衣所・トイレ・廊下などが起こりやすくなります。

特にお風呂やトイレなど服を脱ぐ場所では注意が必要です。

 

 

下記のグラフを見ると、冬の寒い時期はこんなにも血圧の変動が激しいことがわかります。

かなり体に負担が掛かっています。

 

graph

 

 

 

室温の変化にさらされた人間の体は、体温を一定に保つために血管が急激に収縮し血圧の変動や脈拍の変動を起こします。そのため、温度差が激しいと、血圧の変動も激しくなるのです。

 

【どうする?ヒートショック対策】

ヒートショックを防ぐには、家の中の温度差を無くすことが対策となります。

 

 

・浴室暖房機

浴室でも洗い場と浴槽では全然温度が違う場合もあります。

浴室全体を温めることで、湯船から出た後でもひんやりしません。

お風呂に簡単に後付けできます。

洗濯物が乾きにくい冬の日照不足でも大活躍しますよ。

001

 

・脱衣所暖房機

暖かいお風呂に入った後、寒い脱衣所に出るのは本当にイヤ。

そしてここも危険ポイントです。

脱衣所暖房機は脱衣所を暖め、髪の毛も乾かせる優れもの。

自分で簡単に取り付け可能ですよ。

002

 

 

・ヒーター一体型照明

暖房としてヒータなども有効ですが、スイッチを入れるのが面倒という方には

照明とハロゲンヒーターの一体型が便利。

003

 

 

・窓断熱リフォーム

今ある的に取り付けるだけの窓断熱リフォーム。

冬の日差しを取り込みながら、室内の熱を逃しません。

リビングなど暖房を使う場所ですと、暖房効率が良くなります。

不快な結露も軽減されるので、お掃除の手間も減ります。

お風呂や脱衣所など温度差が激しい場所にも最適です。

1箇所からできるので、特に断熱性を高めたい場所から始められます。

006

 

 

・床・室内壁断熱リフォーム

部屋が寒く感じるのはすきま風だけではありません。

住まいの断熱性が低いと、床や壁からひんやりした空気が伝わってくるのです。

壁や床を壊したりするような大がかりな工事ではなく、

手軽で簡単な今ある壁の上に重ねて貼るだけの床・室内の壁断熱工事もあります。

最短1日で工事が完了します。

 

005

 

 


オススメの記事

もっと見る