みんなのリフォーム場所、1位は


 

生涯使い続けていく「マイホーム」

 

建築から年数がたち、傷みが出てきた場合や

生活環境の変化に合わせて、快適のための

住宅リフォームはみなさん経験されることと思います。

 

そのリフォーム工事で、

もっとも多くの方が経験されている工事はどこでしょう?

 

キッチン? お風呂? 子供部屋? 外壁? それとも・・・

 

今回は

「リフォーム経験者の工事場所」アンケート結果を発表いたします。

 

 

 

リフォーム実施箇所ランキング

※アンケートは栃木県在住の戸建てにお住いの30歳以上の方、100人に実施。

※アンケート会社を通じて、社名を伏せて客観的に行っています。

※工事個所は複数回答ですので、工事件数は人数の100人を上回っています。

 

 

リフォームアンケート結果

 

1位は以外にも「屋根・外壁」でした。

リフォームと聞くと、TV番組のイメージもあり、内装に目が行きがちですが、

実際には屋根・壁が100人中20件と1位でした。

 

 

 

次にそれぞれの箇所のリフォームを実施した「築年数」のアンケート結果です。

 

部位別、リフォーム年数

a002

 

築10年から15年が経過すると、何かしらのリフォーム工事が発生してくることがわかります。

 

築20年以上ですと多くの方がリフォーム(修繕)を実施しています。

特に屋根・外壁のリフォーム実施率は20%になっています。

 

 

まとめ

リフォームの理由として、模様替えや、新しい設備の導入がありますが、

最も多い背景は「傷み」と見て取れます。

 

これは雨風、直射日光にさらされ傷みやすい「屋根・外壁」や、

毎日何度も使う「キッチン」「トイレ」が上位に来ていることからもうかがえます。

 

リビング・居間は、子供が独立しての間取り変更や、

高齢化に合わせたバリアフリー工事が多いためです。

 

 

みなさん、住宅を購入時にはローンと年収の細かな計画を立てていると思いますが、

このアンケートからも、住宅を維持していくためのリフォームはほとんどの方が実施していますので、10年後、20年後のリフォーム費用も加味した計画をぜひ、ご家族でご検討ください。

 


オススメの記事

もっと見る