日本は51%が豪雪地帯


実は日本の面積の半分以上、51%は「豪雪地帯」ってご存じでしたか?

参照:国土交通省「豪雪地帯の現状と対策」より

豪雪の日本

 

 

もちろん、雪山や、北海道の大平原なども含んでの数字ですが、

それでも、10万人以上の大都市で豪雪地域に存在している都市の数では

日本は世界最上位クラスなんです。

 

最低気温などのニュースなどにより、

ヨーロッパやロシアなどのほうが、もの凄い雪が降るイメージがありますが、

日本の豪雪地域にある大都市は

 。

・青森市の年間降雪量 792cm

 。

・札幌市の年間降雪量 483cm

 

・富山市の年間降雪量 363cm

 。

・秋田市の年間降雪量 271cm

 。

など、豪雪地帯にある大都市の数は、日本が突出しています。

 

 

これは、国土の広さも影響していますが、

それ以上に、豪雪地域でも生活を可能としてきた、

日本独自の建築での工夫が大きな理由と言えます。

 

その中でも屋根は雪に対し、一番重要な部分です。

そのため、様々な雪を想定した屋根が進化してきました。

 

特に金属屋根は、数ある屋根材の中でも、

最も雪に対して有利な屋根として、雪を想定した様々な改良がなされてきました。

 

 

 

 

1.すがもれを防ぐ水密構造

 

すがもれ 」とは、屋根に積もった雪が、外側は寒い外気でそのままなのに対し、

雪の下部分だけは、室内の温度で溶け、かまくらのように空洞が生まれ、

そこに溜まった雪解け水が、逃げ場がなくなり、軒先などから染みこんでしまう

雨漏りのことです。

すがもれ防止

 

カナメの金属屋根では、屋根材の左右にもうけた、水の浸入を防ぐ段差を

3段に増やすことで、雪解け水が染みこんできても、

3重の構えで、それ以上の染みこみをブロックします。

 

 

 

2.ユキノキ

屋根の積雪は、軒先側に滑り落ちてきますが、

1cmの積雪でも、1㎡の重さは約3kgと計算されます。

 

豪雪地域では雪の重さが、50kgや150kgになることも珍しくありません。

 

その雪の塊が軒先に滑り落ちてくると、

軒先につけられた「雨樋」を破損させてしまいます。

 

この落雪による雨樋の破損を防ぐために、

雨樋に雪用のカバーをつけた雨樋があります。

雨どいの雪対策

 

このユキノキは、通常の雨水は樋に誘導し、

雪はカバーの上を滑り落ちますので、雨どいの破損を防げます。

 

 

 

 

3.スノーエール

屋根に積もった雪が一気に滑り落ちると、大変危険なため、

屋根には「 雪止め 」という金具をつけるケースがあります。

 

雪止めは、雪が加速度を増して、一気に滑り落ちるの防ぎ、

雪を小さなかたまり毎に、少しずつ落とす効果があります。

 

しかし、豪雪地域では通常の雪止めでは支えきれないため、

雪止めの最上位版である、ボックスタイプの「スノーエール」という製品があります。

スノーエール

通常の雪止めが、「点」で雪を押さえるのに対し、

スノーエールでは「面」で雪を押さえますので、

より強力に落雪をコントロールできます。

 

 

 

4.スノーソーラー

 

住宅用の太陽光発電はパネルを屋根につけるケースがほとんどですが、

雪国では、積雪により、パネルが雪に埋もれてしまいます。

 

こうなりますと、例え昼間でもパネルに太陽光が届かず、発電することは出来ません。

 

さらに、豪雪地域では雪の重みでソーラーパネルが破損してしまうケースもあります。

 

そのため、雪国では太陽光発電は不向きとされてきました。

 

こうした問題を解決した製品が

屋根一体型太陽電池「スノーソーラー」です。

スノーソーラー

 

スノーソーラーでは、屋根面がフラットなため、

降雪時も雪が積もりにくく、

積もった雪も、滑り落ちやすい

のが特徴です。

 

そのため、降雪後もすぐに発電が再開されます。

従来の太陽電池と比べ、雪国での年間発電量は3割向上

雪の降らない地域と、ほぼ同じ量の発電を可能としました。

 

また、積雪荷重に対しても、パネルの下の屋根部分が、

雪の荷重を面で支えるため、2m越えの積雪地域でも設置が可能です。

 

 

 雪と共生してきた日本の屋根

このように、金属屋根一つをとっても、

日本の建築文化は、自然環境にあらがうのではなく、

うまく、受け流し、共生する

日本独自の「ものづくり」良さが表れています。