屋根の瓦を再利用


瓦の再利用

日本独特の瓦屋根はデザイン性がこの前使用されてきましたが、

重量が地震の影響を受けやすいということもあり、

最近では軽量の屋根が好まれる傾向があります。

カナメでもお寺様や住宅でも多くの屋根を瓦から金属屋根に

葺き替えさせて頂いております。

古い瓦は撤去させて頂くのですが、

「瓦がもったいないし、思い入れがあるので活用したい」

という声を頂く事があります。

あるお寺様では、

粉砕機で細かく粉砕して伽藍の敷石として活用させていただきました。

 

また、別のお寺様では下ろした鬼瓦を

お庭のオブジェとして

本堂の前に飾っていらっしゃいました。

屋根の上に付いている時は

とても小さく見えますが、

下におろしてみると、

想像以上に大きいのに驚かされます。

 

 

 

 

その他の事例としては、

瓦を縦に並べて床に敷き詰め柄を描きます。

組み合わせ方によって様々なデザインを

表現でき、和風建築の庭などでよく見られます。

 

 

 

 

 

 

また、塀など外壁に埋め込んで

床同様飾りにする活用方法もあります。

日本人の物を大切にする精神と、

美しさにこだわる感性がこんな所でも垣間見れますね。

 

 

カナメでは瓦に変わる製品として、軽量の金属瓦をご用意しています。

見た目は瓦のままで重量を10分の1と軽くすることができるので、

地震対策にも安全です。

瓦の再活用もお客様のご要望にあわせて対応させて頂きます。

瓦屋根でお困りの事がございましたらご相談下さい。