トタン屋根の劣化


以前から屋根材として広く使われてきたトタンは材料費が安く、

工期も短く済みます。
しかし、その反面、褪色が早く、サビやすいというデメリットもあり、

放置しておくとサビから腐食・破損へと進んでしまいます。

トタン屋根とは

また、耐久年数が10年前後のため、

定期的な塗装メンテナンスも必要になるので

長い目で見るとコスト高になる可能性があります。

 

トタンの劣化状況に合わせてみてみましょう。

 

2

塗装が剥げるとサビ腐食の原因になりますので、

まずは色あせや軽度の劣化では、

塗装のメンテナンスをするケースが多いです。
ただ、塗装をあまり繰り返すとヒビや剥がれの症状が出てきますので、

こういった状況では塗装から葺き替えに切り替えるタイミングです。

 

3

塗装のメンテナンスをしていなかったり、劣化が進行すると、

サビ腐食につながります。
こういった場合も、塗装をしても持ちが悪くなってくるので、

塗装ではなく葺き替えを検討する時期です。

 

4

屋根面の剥がれやひどい劣化だと、雨漏りに繋がる危険性が…
もう塗装を検討するような時期ではありません!

雨漏りする前に早急に葺き替えの対策をしましょう。

 

このように劣化の状況によってメンテナンスの種類を変える方が多いですが、

実は最初の塗装を始める前に、初めにトタンから高耐久の屋根に変更してしまえば、

定期的な塗装やひどくなってからの葺き替えも1度で済みます。

 

とりあえず1回の工事費を抑えて塗装にするか、

最初に費用を掛けて葺き替えてしまい、

後はかからないようにするか悩むところですが、

予算と建物をどれくらい持たせたいかにもよりますので、

メンテナンスをする際はどんな方法が最適か

ライフプランと合わせて考えて、屋根のプロに相談しましょう。