• Home
  • » ブログ » リフォームは同時にできることは同時にやる

リフォームは同時にできることは同時にやる


屋根工事など外装の工事を行う際には家の周囲に足場を組む必要があります。

一般的な住宅の場合、足場代だけで20万円前後の費用が発生します。

 

なるべく屋根と外壁など複数箇所の工事をまとめて行う事をお勧めしますが、

足場が必要な工事はどのようなものがあるのでしょうかみてみましょう。

 

実は意外とたくさんありますね。リフォーム工事だけでなく、

足場を組んだついでに外装の点検をしてしまうという手もあります。

足場が必要なリフォーム
工事の際は、様々な費用がかかります。

工事の内容以外にも人件費や作業手間代など、

同時にやることによりまとめられる事はあります。

 

工事費の詳細

 

リフォームの工事は精神的なストレスなど、

費用が関係ない部分にも多く影響がでます。

 

今年屋根をリフォームして、また次の年には外壁リフォームなど、

バラバラではリフォーム会社とのやりとりが2回必要だったり、

こちらの調整であったり手間も増えてしまいます。

 

お仕事をしている方などはお休みの日や平日の夜対応することになるので、

結構精神的にも労力がかかってしまいますね。

 

同時施工のメリット

 

 

リフォームを検討する際には、今傷んでいる所だけでなく、

先の計画まで見通して相談しましょう。

 

また、まだ別の箇所はそこまで傷んでいないからどうしようという時には、
遠慮せずに、同時に行った場合と、

別々に行った場合の見積もりを取ってみて、

実際に金額を比較して検討してみても良いと思います。

 

数年、数十年に1度のリフォームだからこそ、

手間を少なくし、よりよい工事にしましょう。