• Home
  • » ブログ » 費用以上の満足リフォームのコツ

費用以上の満足リフォームのコツ


住宅の省エネ、快適化バージョンアップのリフォームは

とっても素敵ですが、

その分、大がかりな工事になって、費用も大変。

 

でも、大丈夫!

 

部分毎のプチリフォームでも、毎日の生活がとっても快適、
ウキウキワクワクにできるんです。

 

ポイントは、家族みんなが
毎日使う部分をリフォーム

 

リフォームで便利になった点が毎日実感でき、
費用以上に、満足感を得られます。
また、トイレやお風呂は突然壊れるよりは、日々の損傷・摩耗が少しずつ蓄積するものです。
だから、年数がたった今の機種と最新機種と比べて見ると、
機能・省エネでものすごく差がついていることも!
次の4箇所は、簡単にできて、効果も実感しやすいので
プチリフォームにおすすめです。

 

 

 

1.キッチン(IHクッキングヒーター)

簡単IH工事

正確には「電磁誘導加熱」


昔の電気コイルは電気で物理的に鉄を熱くして、

その上にお鍋やフライパンを置き調理していましたが、
IHは「磁力線」をお鍋やフライパンに伝え、「お鍋やフライパン自体」を発熱させて調理します。

そのため、ガスコンロのようにお鍋やフライパンに伝わらない

「無駄なエネルギー」も発生しないんで、

とっても省エネなんです。

 

その上、以前の電気コンロのように火力が弱いこともありません。

ただし、電磁線をキャッチできる専用のお鍋、フライパンが必要になってしまいます。

 

また、最近のトレンドは
IHからIHへの買い換えが増えています。

IHが普及し始めて15年以上がたち、買い換えの時期に来ています。
初めてIHを設置したときと違って、
シンクはそのままで、IHの本体だけ
簡単に入れ替えできます。

 

 

 

2.節水トイレ(IHクッキングヒーター)

快適トイレ
少ない水で洗い流せるトイレ。

4人、5人と家族が多いご家庭では効果絶大!


また、汚れがつきにくい素材・構造にもなっているので、お掃除の手間も省エネ。
元々のトイレが洋式なら、設置はとっても簡単にできてしまいます。

 

そのほかの便利機能は、スピード消臭機能はもちろん、
便座だけでなく、トイレ自体を温められるヒーター付きの物などもありますので、

トイレが寒くて心臓発作を引き起こす、ヒートショックも予防できます。

(高齢者だけでなく40代、50代の方も疲れているときなどは気をつけましょう)

 

 

 

3.保温型浴槽(バスタブ)

簡単バスユニット
お風呂のバスタブ自体が断熱構造になっています。


せっかく沸かしたお湯を、冷めにくくできますので追い炊きの電気・ガス代や
足し湯の水道代を節約できます。

 

ゆったり、のんびり、疲れた一日を締めくくる満足リフォームです。

 

お風呂場の構造にもよりますが、配管などは使い回せますので、
お風呂場全面リフォームより、時間も価格も手軽にリフォームできます。

 

 

 

4.節水シャワー

自分出来るシャワー交換

シャワーの穴や角度、配置が工夫さていて、

少ない水量でも今までと同等の水の勢いを保てます。


また、全体シャワーから、集中シャワーなどの切り替えも、とっても便利。

 

なによりおすすめなのが、自分でたった5分で交換できちゃいます!
専門の道具も必要ありません。
ノズル部をクルクル回せば簡単に外せちゃいます。
スベる場合にはゴム手袋をすればOK。

 

ネットショップやホームセンターで、

3,000円前後で高機能な物が売っています。


ほとんどの場合、ホースのサイズは同じですが、
心配なら外したシャワーノズルを持参して
ホームセンターの定員さんに確認しよう!

 

 

 

5.エコキュート(IHクッキングヒーター)

節約エコキュート

お値段は30~60万円(工事費込み)と、金額のハードルは上がってしまいますが、
その分、経済効果、快適効果も格別

電気代の安い、夜間に電気でお湯をタンクに沸かしておき、

昼間はそのタンクからお湯が出てきます。


また、最近の物は学習機能が優れており、お湯が足りなくなることも、
余りすぎることも無いように自動調整してくれます。常に必要な分しかエネルギーを使わなくてすみます。

 

また、貯水タンクとしても使えますので、災害などの断水の備えにもなります。


「備えあれば、憂いなし」


快適と安心を叶えられます。

 


オススメの記事

もっと見る