屋根の耐火性能


昨年末の新潟県糸魚川市の住宅街中心部で火災が発生し、

強風により大規模な延焼となり多くの家屋に被害がでました。

 

そんな中焼け野原の中にほぼ無傷の家がありました。屋根と外壁が金属性の素材だったそうです。施主の方は、平成19年の中越沖地震を目の当たりにして

災害に強い家を意識して建てたそうです。

 

金属屋根は不燃材料のため火に強く、軽量の為地震にも大変強い屋根材です。

また、仕上がりは瓦のような隙間をつくらないため、火の粉が中に入り込む心配もありません。

 

 

 

 

屋根30分耐火試験

カナメの金属屋根は建材試験センターにて耐火試験を受けております。

 

 

 

 

屋根を通常の施工で葺き上げた試験体を

炉の上にセットします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根裏に見立てた中の空間を

30分燃焼します。

炉の中は側面から強い炎が

連続で吹き出しています。

 

 

 

 

 

 

 

屋根裏が焼け落ちた試験体の

表面部分が燃焼により

ゆがんでいないか確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

30分の火災でも屋根形状を維持し、消火活動などに耐えられる強度が

あることが証明されています。

 

発泡スチロールのような断熱材入りの屋根材でも

『30分の耐火認定』を取得しております。

 

 

火に強い家ということは家族を災害時に守れる家ということ。

リフォームという家にとって数回しか訪れないタイミングで

是非家の強度を見直してみましょう。