瓦下ろし~金属屋根の葺き替え


先日お客様の工事の様子を数日間にわたって撮影させていただきました。

元々は瓦の屋根のお家で、東日本大震災で2階の瓦が被害を受けたそうです。

そのこともあり屋根を金属屋根に変更して軽量化することになりました。

 

瓦自体は十分な耐久性がありましたので、

全部ではなく、地震の際揺れやすい2階だけを金属瓦に葺き替えることになりました。

 

「金属瓦」と一言で言っても、
ご存知のない方からすれば、瓦のような厚みがあると思われたり、

一枚一枚の設置が必要なのかと質問される事が多いのです。

1枚の厚さは薄く、1ミリよりも薄い0.3mm~0.4mmです。
さらにカナメルーフは瓦6枚分で1枚の製品です。
ひとつの動作で施工できる面積が広くなるため、施工期間の短縮につながります!瓦の解体から荷揚げ、カナメルーフの施工まで一連の流れをご紹介しています。

 

1.まずは瓦下ろし

 

2.瓦の撤去後、屋根面のお掃除

 

3.屋根面に防水シートを敷き詰めて固定していく

 

4.金属屋根の施工(金属屋根カナメルーフ)

 

5.カナメルーフの完成

本物の瓦かと思うほど違和感のない意匠性。

屋根重量も瓦に比べて10分の1と軽量化したので、

地震でも揺れを抑えて安心です。

 

 

 

全体の工程を動画でも紹介しています

株式会社カナメ 瓦から金属瓦へ葺き替え

 

 

 

★現場のちょっと小話

実は現場で撮影中に、近くの空き地に子猫が捨てられていました。

ずっと鳴き声が聞こえて撮影中も大丈夫かな~とそわそわ。

すると瓦撤去をして下さっていた職人さんが一時保護で自宅に連れて帰ってくれて、

翌日話すと知人で飼ってくれる人が見つかったとのこと。

 

優しい人に救われてよかった~と安心しました。

 

 


オススメの記事

もっと見る