• Home
  • » ブログ » 屋根工事を頼む際に重視すること

屋根工事を頼む際に重視すること


住まいのリフォームに関する工事を検討したとき、

まず何から始めたらよいでしょうか?

チラシや雑誌、インターネットによる調査、友人知人のクチコミなど

様々な情報収集をすると思います。

実際、このページをご覧になっている方は、

これから何らかのリフォーム工事を検討されている方が

多いのではないでしょうか。

 

 

カナメは金属屋根の専門家ですので、今回は屋根についてのお話しをさせて頂きましょう。

「屋根工事を頼む際に重視すること」に関する調査結果があります。

 

001

 

「その他」が一番多かったようです。

中身は不明ですが、個人的には頼む企業の知名度や実績、

工事期間などが入ってくるのではないかと推測します。

「工事にかかる費用を安くできるのか」が約2割を占め、

やはり金額に関することは一番気になるところでした。

次いで「屋根の寿命年数」。

この2点から察するに“費用対効果”なのではないでしょうか。

 

やねゾウ_工事中

 

折角高い金額を出してリフォームするのに、

数年で補修や修繕が必要になってしまってはたまりませんね。

全面的にやるからには、お手入れせずに長持ちさせたいものです。

 

特に、屋根は自分の手が届かない範囲で、気象や自然災害の影響を大いに受けます。

太陽の光、雨風、冷たい雪など防ぎようがありません。

だからこそ、放って置いても安心な屋根を選んでくださいね。

 

金属屋根は長持ちする

 

カナメは金属屋根メーカーですが、やはり金属は長持ちします。

金属と一言でいっても様々で、今は「金属=トタン」では無くなってきています

住宅屋根で多く使用される金属素材は「ガルバリウム鋼板」

アルミ亜鉛合金メッキなので錆びにくく、腐食しずらいのが特長です。

トタンは10年~20年でぼろぼろになってしまうのに対し、

ガルバリウム鋼板は40年以上持ちます。(フッ素ガルバリウム鋼板、カナメの施工実績調べ)

さらに、ガルバリウム鋼板の3倍以上の耐食性を実現した「エスジーエル®」も

日鉄住金鋼板(株)から発売されています。

 

屋根の塗装と葺き替えどっちを選ぶ?

例えば、屋根の塗装と新たに金属屋根への葺き替え。

塗装ですと3回塗装をするところ、葺き替えですと1回で同じくらいの年数持ちます。

費用も合計すると結局のところ同等です。

1回のお手入れで長く持たせるか、数回に分けてお手入れするか。

皆様のライフプランや住宅計画に合わせて選んで下さいね。

 

出典:(株)ファインズ「屋根工事に対する意識調査」

 


オススメの記事

もっと見る