外壁の劣化


 

外壁材は種類によって初期費用もそうですが、

メンテナンスでも大きく金額が変わる部分になります。
特徴を確認し、自分の家の外壁はどの素材か?
傷んでいるか?を確認してみましょう。

 

窯業系サイディング 耐久性7~8年

窯業系とは、石膏・セメントなどの材料に繊維質原料を

加えて板状に成型した外壁材の事です。

 

断熱性・遮音性に優れていますが、防水は表面の塗膜の性能次第になっています。
塗膜が劣化すると、壁の塗料の顔料がチョークのような粉状になる
チョーキングや、目地シーリング部分の割れや、ボードの反り、
紫外線による褐色が起こります。
窯業系劣化

 

 

 

金属系サイディング 耐久性10~15年

スチールやアルミニウムなど金属鋼板の外壁材です。

エンボスなどの加工を施しています。

金属製の為、サビる可能性はあります。アルミニウムはサビや腐食には強いですが、

材質が軟らかく、傷が付きやすいという弱点があります。

表面の塗膜のメンテナンスは重量となってきます。

金属系劣化

 

 

 

モルタル 耐久性8~10年

セメント・砂・水を練り混ぜて作る外壁材です。

強度が高く、耐火性にも優れた素材ですが、経年によって
塗膜が劣化すると、紫外線による変色や壁の剥離、

クラックの発生などが起こることもあります。

また、防水性の低下から雨水が壁に染みこみ、

カビやコケなども発生しやすくなります。

モルタル劣化

 

 

ALCボード 耐久性8~10年

コンクリートを軽量気泡化し、板状に成型した外壁材です。

ALCボード多孔質(内部に細かい穴の空いた構造)の為、
塗膜の防水性はあまりよくありません。ALC内部に雨水などが浸入すると、

内部から腐食し、ボロボロになります。症状が進と表面の再塗装では

対応ができないので、その前にメンテナンスを行う事が必要です。

ALC劣化

 

 

自分の家はどの素材でしたか?

傷み具合は確認しましたか?
素材によって耐久性は様々ですので、適切なタイミングで
外壁の点検を行いましょう。

 

もし室内のクロスが剥がれている、染みがあるという方は、

今すぐリフォーム会社に相談しましょう。

 

室内に雨漏りの跡がみられるということは、
壁の中では大きく広がっている可能性があります。
雨漏りで内部が傷んでしまうと、耐震性にも影響します。
大きな地震などでは壁が耐えられない事もありますので、危険です。
すぐに行動に移しましょう。