• Home
  • » ブログ » 外壁の「取り替え」は【重ね張り】?【張り替え】?

外壁の「取り替え」は【重ね張り】?【張り替え】?


003

 

外壁材が劣化して、簡単な補修などでカバーできないときには、

外壁の「塗り替え」ではなく「取り替え」を検討する必要があります。

また、そこまで劣化が進んでいなくても、断熱効果や遮熱効果、

防音効果などの機能アップのために新しい外壁材に取り替えることもあります。

塗り替えよりもコストはかかりますが、

新築のような美しさがよみがえるのは嬉しいモノですね。

 

★★お勧め記事 「外壁チェックの見るべきポイント」

★★お勧め記事 「外壁の塗装を失敗しない為には」

 

【重ね張り】

外壁の取り替えのうち、既存の外壁をそのまま残し、

上から新しい壁材を取り付ける方法。

既存の壁を取り壊す手間と時間が不要のため、

工期が短縮でき、その分コストも抑えられます。

また、工事で発生する廃材も少ないので環境に優しいのです。

住みながらの工事が可能です。

壁が二重になる事で、断熱性や遮音性の向上にも期待できます。

一見するとメリットの多い重ね張りにも課題はあります。

002

 

 

既存の壁に新しい壁が加われば、建物への負荷も増えますね。

既存の壁の劣化が激しい場合は、新しい壁を支えることが難しくなります。

自宅の壁の状況に応じて「重ね張り」で良いかどうかを見極める必要があります。

 

【張り替え】

既存の壁を取り壊し、建物を一度骨組み(構造体)の状態に戻してから、

新たにモルタルやサイディング、タイルなどの外壁材を取り付けていく

リフォーム方法のこと。

「重ね張り」よりも工事が大がかりになる分、コストも時間も掛かってしまう。

住みながらの工事ができないので仮住まいが必要となります。

下地からしっかり見直すことができるので、骨組みの劣化部分の補修や

状況に応じて断熱対策や耐震補強などを施したり、

自分たちのニーズに合わせて手掛けられるのはメリットと言えますね。

001

 

築年数や現在の状態によって、

また今後のライフプランによって

どのようなリフォーム工事をするか

選んで行くと良いでしょう。

 

★★お勧め記事 「外壁の劣化」

★★お勧め記事 「外壁のメンテナンス・サイディング」


オススメの記事

もっと見る